注目キーワード
  1. 政治
  2. 憲法
  3. 皇室
  4. 生活

【ニュース】アストラゼネカも承認申請 新型コロナワクチン 国内2例目

日本において新型コロナウィルスのワクチンの導入は、アメリカのファイザー社が最初となりました。
今回のニュースは、イギリスの製薬大手アストラゼネカが、開発した新型コロナウイルスのワクチンについて5日、厚生労働省に2例目のワクチン承認を求める申請を行ったというニュースです。

イギリスの製薬大手アストラゼネカは、開発した新型コロナウイルスのワクチンについて5日、厚生労働省に承認を求める申請を行いました。国内での承認申請はファイザーに続いて2例目です。

以下、全文を読む。

これまで米ファイザー社のワクチンはマイナス75度前後、米モデルナ社のワクチンはマイナス20度前後での保管が必要です。
一方、イギリスのアストラゼネカ社のワクチンは2度から8度で少なくとも6か月間保管できるということです。

ワクチンの保管の観点からも、アストラゼネカ社のワクチンは期待が持てそうですね!医療機関での管理や接種会場までの輸送も冷蔵庫を使ってできるそうです!今後速やかな国内配置を希望します。