注目キーワード
  1. 政治
  2. 憲法
  3. 皇室
  4. 生活

【皇室関連】皇女制度の問題点

皇族の方の減少に伴い、将来皇室活動の担い手が足りなくなるのでは、ということから政府が検討している「皇女」制度について、国民民主党の玉木代表が問題点を挙げ、批判しています。

一体何が問題なのでしょうか?

【報道ニュース】

先日、以下のニュースが報道されました。

国民民主党の玉木代表は26日の会見で、政府が皇族数減少に伴う皇室活動の担い手確保策として検討している「皇女」制度について「問題があると思っている」と批判した。女性皇族が皇族以外の者と結婚すれば皇室を離れることから「一般国民なら任務を辞退する自由も当然保障される。それを認めず、暗黙の強制になるのは問題」と述べた。

以下、全文を読む。

報道で国民民主党の玉木代表は、女性皇族の方がご結婚された後、一般人になったにも関わらず、「皇女」制度を導入してしまうと、半強制的に皇室活動に従事することがあるのではないかと懸念されています。

この発言は正しいものだと私は思います。
しかし、一般の方はこう思っているのではないでしょうか?

国民が広く賛成しているとはとても言えない眞子様と小室圭さんとのご結婚が予定されている中、「皇女」として皇室活動をつづけることを議論するってどうなのかな・・・

国民感情や世論をベースに議論することも当然必要なことですが、国民民主党の玉木代表が言われる内容ももっともなことです。

皇室の方は、一般国民の方が憲法で保障されている「基本的人権」が、一部認めれれていないからです。

参政権や職業選択の自由が制限されています。
しかし、女性皇族の方がご結婚されて場合は、皇室典範により皇族を離れることができるため、そうした制限がなくなるように規定されています。
女性皇族の方には、そういった権利が認められています。
それを半強制的に皇族としての立場を残すことは、どうなのか?ということを玉木代表は述べているわけです。

また、ニュースの中で共産党は「女性天皇、女系天皇を認める方向で議論が必要」と発言しています。
それは、一体どういうことなのでしょうか?

皇統の基本的考え方

当ブログ「根拠のとびら」で何度も言及していますが、日本は少なくとも2000年前から現存している全世界唯一の国です。

それは、皇位の継承が、現在の天皇から父方の血筋だけをさかのぼり、初代天皇である神武天皇に繋がる男系継承を続けてきたという歴史そのものを意味しています。

それに対し、共産党が掲げる「女系天皇」とは、母方の血筋だけをさかのぼると、初代天皇である神武天皇に繋がることを意味しますね。

これは、当たり前ですが存在しない血筋です。

「女系天皇を認める」とは、つまり男系も女系も存在しない天皇を認める、ということです。

これまで続けてきた歴史を、無に帰す提案だということです。

共産党が何を目的でこのような発言をしているのか、その真意は分かりませんが、2000年以上続く日本の歴史を無くす結果になることは明白です。

過去女性天皇ではなく、宮家から世襲した例

現在の皇室典範では、皇位継承できるのは男性と決められています。

ですが、過去に女性天皇は何人か存在しておりました。
江戸時代のころ、第117代天皇である後桜町天皇(女性)は、お父様である第115代桜町天皇の皇女であり、弟である第116代桃園天皇が若くして崩御されたため、その跡継ぎとなるべく女性天皇として即位されました。

桃園天皇のお子様(皇子)、つまり後桜町天皇にとって甥ですが、まだ5歳という若さだったため、繋ぎとして即位された女性天皇です。

この甥っ子は、後の天皇である第118代後桃園天皇です。
ちなみに、この女性天皇は甥っ子に譲位され、天皇を退位しています。

問題は、甥っ子である第118代後桃園天皇もまた、22歳という若さで崩御してしまうことです。

その後どうしたかというと、第119代天皇には新たに光格天皇が即位されました。
その方は世襲親王家の方で、当然男系の血筋を持った方ですが、その当時の天皇との血筋が離れていたため、後桃園天皇 の 皇女 で あっ た 欣子(よしこ) 内親王 と結婚することが、皇位継承の条件とされました。

ここで、 女性天皇であった後桜町天皇と同様に、欣子内親王を天皇に、その夫を世襲親王家つまり宮家から迎え入れることもできましたが、それはしませんでした。

直系男子の皇位継承者が不在となった場合で、男系男子の宮家と男系女子の直系の子孫がいた場合、あくまで宮家の男系男子が即位し、直系の女子 は お 后 として 皇統 を 支える のだそうです。

今後、皇位継承の危機について議論する場合、女系天皇や女性宮家を論じるのではなく、あくまで男系男子の宮家の存在こそが重要となる根拠が、これまでの歴史で語られているのではないでしょうか。

今回の記事は「皇女制度」「女性宮家」「女系天皇」の問題点についてでした。この記事で最後に出てくる光格天皇は、その退位の際崩御されたわけではなく、存命中に天皇の位を譲位されました。実は平成天皇が皇位を退位された直近の例が光格天皇の譲位にあたります。