注目キーワード
  1. 政治
  2. 憲法
  3. 皇室
  4. 生活

【雑記】東電って、なぜ国有化しないのだろう?

  • 2021年3月1日
  • 2021年2月28日
  • 雑記
  • 0件

東日本大震災発生から10年が経ちました。

先日も福島県で大きな地震がありましたね。

すぐに国有化されるのでは?と思われていた東京電力ですが、その原発賠償額が10兆円を超えたそうです。

普通の企業であれば、とうの昔に債務超過を起こし、つぶれているはずですが、会社の決算書上は「特別損失」として計上する一方で同額の国からの交付金を「特別利益」として計上しているそうです。

この交付金は返済されることもなく、電気代を上乗せし、結局負担は国民に来ているとのこと。

なぜ、東京電力を国有化しないのか不思議です。

一方で、東電の従業員は年収も高く、ボーナスもしっかり貰っています。

東電が潰れたら困るとうことで、国から交付金を支給することは理解できます。しかし、その状態で従業員にボーナスまで出るってどういうこと???

賠償金の元となっているのは、被災した原発付近にお住まいだった方の賠償です。

しかし、10兆円という金額の大きさから鑑みると、どれほどの保障がいまだに支払われているか考えると、少し疑問に思います。

現在日本だけでなく、世界中でコロナウィルスが蔓延し、職を失う方、健康被害が出ている方、自殺をされる方など、その影響は計り知れません。

今回、コロナウィルスに対する補助金などは、国民に対しては一人10万円でした。

休業要請などに協力している飲食店では、日6万円の補助金も出ますが、これも一律であり、大きな店舗ほど保証金は足りず、逆に時短営業の影響がでないような小規模な店舗の場合、保証金の方が営業利益より高いところもある、なんて話もあります。

コロナウィルスで亡くなった方や体調を崩された方、職を失った方についても原発事故と同様の保障を受ける必要があると思います。

しかし、コロナウィルスの被害となると、原発事故のときより遥かに多くの方が影響され、補助金を出すことができないのでしょう。

保証金は4人世帯で9000万円、年収の6割が保障されるという話もあります。審査はどのようになっているのでしょうか? すべては税金で賄われています。 コロナウィルスとの違いもありますし、平等性の観点から少しは整合性があるかチェックをしてほしいという意見が出ても不思議はないのでしょうか?