注目キーワード
  1. 政治
  2. 憲法
  3. 皇室
  4. 生活

【朗報?】眞子さま残る逆転の道は“1億4千万円放棄で皇室離脱婚”か

  • 2021年3月16日
  • 2021年3月15日
  • 雑記
  • 0件

このところ、皇室ゴシップが少なくなったように思えます。

理由はあるのでしょうか?

不思議です。

先月の天皇誕生日にて、天皇陛下がお言葉を発せられました。

コロナ禍を中心に、家族のことについても言及なされ、眞子様のご結婚についても同様でした。

あのご発言を聞いて、皆さまはどのような印象をお持ちになられたのでしょうか?

多くの意見としては、「眞子様のご結婚に強く賛成の意向ではない」という印象だったのではないでしょうか?

天皇陛下はこのようにご発言なされました。

「眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」

以前に秋篠宮様が発言なされた内容と同じですね。

しかし、言葉の重みが大きく違います。

天皇陛下が改めてご発言なされたという点と、そして秋篠宮様はその発言の後、結婚を認める意図の発言をされていますが、それをなかったことにされるご発言だったと思います。

つまり、秋篠宮様の一度目の発言、結婚を認める発言、そして天皇陛下の今回のご発言は一度目の秋篠宮様のご発言に沿った内容です。

確かに天皇陛下の「結婚を認めない」という意図があるように思えます。

私は秋篠宮様眞子様のご結婚に反対です。国民が多く祝福する状態になっていません。それどころか圧倒的反対多数の状態であることは明白だからです。

ところで、最近以下のニュースがネットから見ることができます。

「女性自身」の1コラムのようです。

「天皇陛下のお言葉は、まったく予想外のものだったそうで、眞子さまは非常に大きなショックを受けていらっしゃるといいます」そう語るのは宮内庁関係者。先月行われた誕生日会見で、天皇陛下は眞子さまの結婚について初めて言及された。その余波はいまだに収まっていない。

yahooニュースより引用

記事の中身は、「眞子様が天皇陛下のお言葉にショックを受けている」といった内容や、「陛下のお言葉には、眞子さまを応援するニュアンスはまったくなかった」といった内容の他、「皇籍離脱婚」について書かれています。

なるほど、と思った反面、そうはならないだろう、という思いもあります。

つまり、眞子様の皇室としての身分、1億4千万円近い一時金、この二つの権利を捨ててでも小室圭氏が眞子様との結婚に進むかどうかを試す、というわけです。

全国民の9割が、「それなら結婚に進まないのでは?」と思っているのではないでしょうか?

国民が祝福する気持ちになれない一番の理由が、「1億円以上の一時金」が目当てなのでは? という意見でしょうから、これを試すのは良いかもしれませんね!