注目キーワード
  1. 政治
  2. 憲法
  3. 皇室
  4. 生活

【政治】新型コロナ 持続化給付金・家賃支援給付金 きょう申請締め切り

新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、政府は緊急事態宣言などの対応をとる中、売り上げが減少した中小企業に対して、「持続化給付金」や、賃料の負担を軽減する「家賃支援給付金」を支給しています。「持続化給付金」については最大200万円まで支給することとなっています。

その持続化給付金や家賃支援給付金の申請期限ですが、今月1月15日までとなっています。経済産業省のHPを見ますと「持続化給付金」は、およそ5兆3000億円、「家賃支援給付金」もおよそ7100億円が支給されたようです。

新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ中小企業などを支援する「持続化給付金」と「家賃支援給付金」は、書類の作成が間に合わないなど特別な事情がないかぎり15日で申請が締め切られ事業が終了します。

以下、全文を読む。

現在出ている再度の緊急事態宣言では、対象地域で時短営業など要請に応じた企業で、売り上げが50%減少した飲食店など企業に対して中堅・中小企業は最大40万円、個人事業主は最大20万円の一時金を支給する方針です。持続化給付金では、迅速に支給するために手続きを簡素化した一方で、不正受給が全国で相次いぎました。迅速な支給を目的としており、前回は仕方がなかったと思いますが、今回は同じような事態にならないようにしなければならず、政府も難しい局面を迎えていると思います。