注目キーワード
  1. 政治
  2. 憲法
  3. 皇室
  4. 生活

【ニュース】緊急事態宣言後、首都圏1都3県 飲食店への影響とは

現在出ている緊急事態宣言は、埼玉・千葉・東京・神奈川の1都3県と、追加で発令された栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の7県を合わせて、合計1都10県になります。
現在のところ2月7日までの予定ですが、2月末まで、もしくは3月初旬まで、あるいはもっと長期間にわたって延長される見通しとなります。
日本同様に新型コロナウィルスの対応に追われているアメリカでは、70年ぶりとなるGDPの減少が報道されました。
日本においても同様です。
先日以下のニュースが報道されました。

緊急事態宣言が出されている首都圏の1都3県で、28日までの1週間に対象地域の飲食店を訪れた客は、去年の同じ時期に比べて75%減ったという民間の調査がまとまりました。宣言が出されてからの3週間、減少幅は60%台から70%台の状況が続いています。

以下、全文を読む。

上記ニュースによりますと、28日までの1週間の来店客の数は、去年の同じ時期に比べて75%減ってしまったそうです。
宣言が出されてからの減少幅は、おおよそ70%くらいの状況となります。
この状況があと1か月は続くと言われています。
とてもじゃありませんが、耐えられないのではないでしょうか・・・?

前年比75%減!!! 飲食店への影響は計り知れません!